成り立ちの中での障害は何だったか?

まず第一に、運動の開始時に学校教育現場の抱える教師の多忙化という問題であります。
「ただですら忙しい学校現場をこれ以上忙しくされては困る。」というものであった。

第二に、国際交流の難しさであります。校長会では、「国際理解教育は、もうすでに行われて いる。(その経験から)国際交流なんてそんなに簡単にできるものではない.」と言った意見が出された。

第二の問題は、1999年当時「一校一国運動」の支援組織と内容は、どうだったか?
を支援組織の協力でその多くを解決した。

(引用_世界の人とともに生きるよりP164)

(引用_世界の人とともに生きるよりP164)

(引用_世界の人とともに生きるよりP164)

 

オリンピックと学校との関係

そして最後に、オリンピックと学校との関係である。

特に長野ヘオリンピックを招致しようとしいう段階で、作文や絵、手紙などを書かせたり。

市議会で「子どもたちを?動員」する」などの発言が教育長にあったことからも、
当時大きな反発が生じたことはむしろ当然のことと言えよう。

(引用—千葉大学教育学部学校教育学科教育開発臨床系准教授 高木啓論文『オリンピックの遺産と地域に与えた影響に関する社会学的研究』以下高木論文とする)

今後の課題